top of page
家族の時間

Home » 記事詳細

クリア塗装とは…?


こんにちは!

グッドハートの前田です。


これまでリフォームコラムでは、

塗料の種類や特徴、色の選び方など、

「色を付ける外壁塗装」についてお話をしてきました。

そこで今回は、「色を付けない外壁塗装」

つまり「クリア塗装」についてお話をしていきたいと思います。


クリア塗装とは…

クリア塗装とは、無色透明なクリア塗料を使用して

外壁塗装を行うというものです。

色付きの塗料を使った外壁塗装とは異なり、外壁の色や柄を保ちつつ

塗装を行えます。


クリア塗装のメリット

◎外壁のデザイン性を保てる

近年では外壁のデザインにこだわっている住宅も多く、

そのこだわりのあるデザインをそのままで保ちつつ塗装工事を行いたい

というケースが非常に増えています。

クリア塗装は無色透明であるため、外壁の色やデザインを活かしたまま

塗装ができます。

外壁を塗りつぶすことなく塗装を行いたい場合には、クリア塗装がおすすめです。


◎外壁にツヤが出る

クリア塗装では、外壁に光沢を与えることができます。

光沢感にも種類があり、ツヤの種類は塗料によっても異なるため、

外壁用の塗料を選ぶ際には機能性と合わせて光沢感もしっかりチェックする

ことが大切です。


◎外壁の保護ができる

塗料は住宅の美観性を保てるだけでなく、

外壁材の耐久性を高めたり劣化を置きにくくしたり役割があります。

同じクリア塗料でも製品によって機能性の違いがあるため、

住宅環境に合わせて適切な塗料を選ぶことが大切です。


クリア塗装のデメリット

◎シーリング工事をした部分にはNG

シーリングが打設してある部分にクリア塗装をしてしまうと、

塗膜の汚れや剥がれ、割れなどの劣化が起こることがあるため、

塗装工事の際にはシーリング部分をマスキングテープで覆うなどして、

塗料がつかないようにする必要があります。


◎補修跡が目立つ場合がある

クリア塗装は透明なため、外壁自体に汚れやひび割れなどの劣化、

補修跡があるとそのまま見えてしまうというデメリットがあります。

色のついた塗料を塗ってしまえば汚れや補修跡を隠せるため、

通常の色付き塗料を塗った後にクリア塗装をするという方法もあります。


クリア塗装に適している外壁

◎タイル調などのサイディング

もっともクリア塗装に適しているのがデザイン性の高いサイディング外壁です。

サイディングにも様々な種類がありますが、レンガ調やタイル調などのデザイン性に

長けているサイディングにこそクリア塗装は適当であると言えます。


◎打ちっぱなしのコンクリート

打ちっぱなしのコンクリートは、そのままだと汚れが付きやすく雨水が浸入しやすいため、

撥水剤などで表面を保護する必要があります。

コンクリートの質感やデザイン性を保つためにはクリア塗装が適していると言えます。


まとめ

今のお家のデザインを生かして塗装したい場合や、新築のようにツヤのある外壁を

よみがえらせたいという場合にはクリア塗装が効果的です。

しかし!

クリア塗装は劣化が進んでいる外壁や表面コーティングがされている外壁には向いていない

一面もあるため、しっかりとした情報を得ることが大切です。



Komentarze


HP案.png
bottom of page