top of page
家族の時間

Home » 記事詳細

季節に応じた外壁塗装  〈冬編〉


こんにちは!

リフォーム事業部 営業の前田です。


単刀直入にいうと、冬でも塗装はできます!

結論としては、冬場は住んでいる地域によって塗装が可能かどうか

分かれてきます。

ただ、塗装ができる条件(気温が5度以上、湿度が80%以下)

を満たしていれば塗装には問題ありません。

これまで「季節に応じた外壁塗装」ということでコラムをあげてきましたが、

今回は最後の冬編になります。


目次


1、冬に塗装を行うメリット

1-1,湿度が低く、乾燥している

冬は比較的雨が少ない季節です。

そのため、台風シーズンや梅雨の時期に比べると

工事のスケジュールを立てやすいと言えます。

また、湿度が低く空気が乾燥していることから、

塗料の渇きも悪くなく、順調に塗装工事を進めることができます。

塗装工事中は窓を閉め切ることになりますが、

冬であれば、閉め切って暖房をつけていること等も多いため、

基本的に問題はないと言えます。


2、冬に塗装を行うデメリット

2-1,日照時間が短く、作業時間が少ない

冬は他のどの季節と比較しても日没が早いという特徴があります。

周りが暗い状態で塗装をしてしまうと、

しっかりと目視ができないため、塗り残しや塗りムラが出てしまうというような

施工不良にも繋がりかねません。

もし暗くなってからも塗装をされてる職人さんがいた場合には、

塗り残しや塗りムラが出ないのかと疑問に思うことも大切です。


2-2,気温が低く、雪や結露の可能性がある

最も気温が低くなりやすい冬では、雪が降ったり、結露が発生して

外壁が濡れることで塗装ができなくなる可能性があります。

雪が積もるなどしてしまうと、

作業を行うための足場が濡れて滑りやすくなります。

このように、冬場の外壁塗装には危険も伴う可能性があります。










3、冬の塗装で注意したいこと

3-1,塗装業者選びを慎重に!

はじめにもお話したように、冬場は住んでいる地域によって塗装ができるかどうか

分かれてきます。

そのため雪の量や気温など、その地域の特徴をしっかりと把握していなければ、

クオリティの高い外壁塗装というものは実現できません。

冬こそ天気や気象に合わせてうまくクリアし、工程を進められる信頼のおける

地域密着型の塗装業者に依頼をすることが適切なのではないでしょうか。


4、まとめ

以上のように、

冬場の外壁塗装には雨も少ないため湿度が低く、

乾燥しているため塗料が乾きやすいというメリットがあります。

その反面、

日照時間が短くて作業時間が短くなることや、

雪や結露が発生する可能性が高いというデメリットがあります。

冬場に塗装を行う場合には、

施工を行う際に依頼する業者選びが非常に重要になることを

頭の片隅に置いておくと、いざ塗装を行う際に役に立ちます。

冬以外の他の時期でも技術のある塗装業者に依頼することは大切ですが、

日照時間の問題や結露の問題がある冬場では、

しっかりと天気や気象のことを考えながら動くことができる塗装業者を選ぶことが

より重要です。

塗装業者を選ぶ際には、施工会社のホームページなどで、

どれほどの施工実績があるのかを見たり、

実際に施工をされたお客様からどのようなクチコミや

お声をいただいているのかという評価を見たりすることが、

その塗装業者に信頼をおけるかどうかという判断材料になるのではないでしょうか。











تعليقات


HP案.png
bottom of page