top of page
家族の時間

Home » 記事詳細

季節に応じた外壁塗装 〈夏編〉


こんにちは!

リフォーム事業部 営業の前田です。


今回は、夏における外壁塗装のメリットやデメリット、注意すべき点

について述べていきたいと思います。


目次


1、夏に塗装を行うメリット

1-1,日照時間が長いため、作業時間を確保しやすい

夏は日照時間が長いため、その日予定されていた作業をしっかりと

その日のうちに終わらせることができるという点は大きなメリットと言えます。







1-2,希望のスケジュールで塗装工事ができる可能性が高い。

一般的に、塗装工事をする時期で人気が高いのが春と秋です。

春や秋に比べると、夏場はスケジュールに余裕のある塗装業者が多く、

希望のスケジュールで塗装工事ができる可能性が高いです。











2、夏に塗装を行うデメリット

2-1,夏は夕立が多く、塗装工事が中断されやすい

夏では、突然の夕立が発生することが少なくありません。

塗装工事は雨が降ると中断せざるを得ないため、梅雨ほどではありませんが、

雨によるスケジュールのズレというものは発生しやすいと言えます。












2-2,お盆と工事日程が重なると工期が長引く。

お盆期間中は塗装業者もお休みに入り、工事が止まります。

そのため、塗装工事の日程がお盆と重なってしまうと、

工事日数が長くなってしまい、お盆中にも足場が立っているままという

状態になりかねません。

工事途中でお盆を迎えたくはないという場合には、

「お盆前に施工を終わらせる」、「もしくはお盆後に施工を開始する」

というスケジュールで施工の計画を立てることがおすすめです。











2-3,夏に外壁塗装は辛いと感じる場合がある

まず外壁塗装中はと塗装工事の音や塗料のニオイ、生活への制限

というようなデメリットが存在しています。

夏場の暑い環境下では、このようなデメリットを強く感じ、

ストレスになる場合も少なくはありません。

夏以外の季節のほうが辛いという方やそこまでストレスを感じない

という方もいるため一概には言えませんが、

このように、「夏場だからこそストレスになる方もいる」ということを

一つの情報として持っておくと良いかもしれません。



3、夏の外壁塗装で注意したいこと

3-1,クーラーの使用や換気ができるように業者に伝えておく。

まずクーラーが使用できるかどうかは、塗装業者次第であると言えます。

クーラーを使用できるように養生をしてくれるかどうかということです。

養生は、塗装工事をする際に、塗装しない箇所を汚すことのないようにシートで被うことを指します。

クーラーを使用できるように養生してくれるかどうかは、塗装業によっても異なる

場合があるため、事前に塗装業者に伝えておくと安心です。

また、塗装工事中における、主に足場の組み立て時や洗浄時、養生時は

すべての窓を開けることができません。

その他の工程でも窓やドアが開けられないこともあります。

換気については、開けられる窓やドアの場所を伝えてくれる業者かどうかというのが大事な点です。

そういった情報を伝えてくれるように、塗装業者に伝えておくと、

塗装工事中でもより安心に過ごすことができるのではないでしょうか。




















4、まとめ

以上のように、夏の塗装には

日照時間の長さや希望スケジュールでの施工

というようなメリットがある反面、

夕立やお盆によるスケジュールのズレ、夏だからこそのストレス

といったようなデメリットもあります。

また、塗装業者によって対応が異なる部分があり、

生活にも多少の制限はありますが、

塗装工事中も換気はでき、クーラーを使用することも可能です。

夏の塗装工事中でもできる限り快適に過ごすことができるよう、

塗装業者への事前確認や情報収集が大切です。

Comentários


HP案.png
bottom of page