top of page
家族の時間

Home » 記事詳細

季節に応じた外壁塗装〈梅雨編〉


こんにちは!

リフォーム事業部 営業の前田です。


今回は、梅雨における外壁塗装のメリットやデメリット、注意すべき点

について述べていきたいと思います。


目次


1、梅雨に塗装を行うメリット

1-1,外壁塗装の予約が取りやすい。

梅雨は雨が多く、外壁塗装には人気のない時期です。

そのため、塗装業者のスケジュールが空きやすく、

この時期の外壁塗装の予約は取りやすい場合が多くあります。


2、梅雨に塗装を行うデメリット

2-1,雨で工事が延期される可能性が高い。

梅雨は文字通り、雨の季節と言えます。

そんな雨の季節では塗装工事が延期される可能性があります。

そのため、できるだけ早く施工を終えてほしいという場合には

適していない季節とも言えます。










3、梅雨の外壁塗装で注意したいこと

3-1,早めに計画を立て、スケジュール管理をする必要がある。

前述したように、梅雨は雨の季節です。

他の季節では2週間ほどで終わるような工事も、

梅雨では3週間ほどかかってしまう可能性があります。

施工期間が延びてしまうと、足場がそのまま設置してあるという状況になります。

お家に人を招く予定などがある場合には景観を損ねてしまいますし、

施工期間が延びることで塗装の養生がされたまま過ごすということになります。

そうなると、エアコンを付けられなかったり、

換気をすることができなかったりしてしまいます。

以上のようなことを防ぐためにも、

人を招くような予定や天気予報を考慮しながら

スケジュールの管理を行うことが大切です。



4、まとめ

雨が降りやすい梅雨の時期では、

外壁塗装の予約が取りやすい

というメリットがある反面、

雨で工事が延期されることが多い

というデメリットがあります。

以上のように、

梅雨は外壁塗装ができないわけではないですが、

雨が降る時期である

という大きな問題点があります。

梅雨前後の予定と外壁塗装のスケジュールを

しっかりと考慮しながら計画を立てることが重要です。




HP案.png
bottom of page